投稿

南アフリカの補助金評価会議「パネル」 (2017.11.15)

イメージ
南アフリカでは、補助金を受けると行政が現場にやってきて、実地調査をします。

 ハウテン州のNPO補助金の場合、3年間で1サイクルとなっています。つまり、最初に申請するときに3年分の事業計画を提出します。

 そして、事業計画が承認されると、補助金交付の合意書が毎年交わされます。3年1サイクルではあるのですが、毎年、計画に決めた目標が達成できたかどうかを評価されて、未達成だと次年度の補助金が削られる可能性があります。

この補助金審査・評価の会議を「パネル」と呼びます。

 「パネル」には、行政からは、州の社会開発局本庁からNPO補助金担当やモニタリング・評価担当、州社会開発局の地区担当ソーシャルワーカーといったところが出席します。

 団体側は、代表と事務局長、経理担当者が呼ばれるのが普通です。


 私たちのプロジェクトは、2013-15年度はJICAの資金を使って、代表者やピア・カウンセラー、介助者、介助コーディネーターの人件費を出していました。JICAからの資金が2015年度末で終了するにあたって、ハウテン州社会開発局が引き継ぐ、ということになったので、2016年9月から、社会開発局のNPO補助金が出されています。

 ですから、「パネル」は、申請した2016年のはじめと2016年度の終わりごろに行われており、今回が3回目になります。

 これまでのパネルでは、レメロス自立生活センターの場合、センターにとって突拍子のない質問も出たらしく、結構大変だったようです。

 パネルに来るのは、基本的に現場レベルの職員です。ハウテン州社会開発局に引き継ぐに当たっては、課長や副課長といった少し上のレベルの人と協議を重ねてきた経緯もあり、パネルに来る職員がこの事業を完全に理解しきれていないところがあります。

 そんなこともあって、今回、レメロスのパネルに初めて同席することになりました。

 当日、レメロスに到着すると、行政の人も一人だけ早く来ていて、私が同席するという話をすると、良かったという顔をしていました。それでいいのだろうか、当事者間でそろそろ完全に話を付けてほしい、と思わなくもないですが、せっかくなので最後まで参加することにしました。

 高速道路で大きな事故があり、みんな大遅刻(私も30分遅れで到着しました)。南北両方向で大渋滞だったので仕方ないでしょう、1時間以上遅れて全員揃いまし…

南アフリカのお歳暮「ハンパー」を買ってみた

イメージ
ヒカキンさんならきっと、100万円ぐらい軽く稼ぐネタにするのだろうと思いますが、私にはそんな才能はありません。ユーチューバーが子どもに人気の商売らしいですが、是非はさておき、誰でもできる仕事ではなさそうです。

 さて、日本にお歳暮があるように、南アフリカでもクリスマスシーズンに食べ物の詰め合わせを贈ります。南アフリカのクリスマス商戦は早くて、10月の終わり頃から飾り付けもあちこちで見られます。

 逆に、ハロウィーンはあまり見られないんですよね。お面とか売ってますけど、近所の子どもたちが押し寄せてくることもありませんでした。

この贈り物、「ハンパー Hamper」と呼ばれるのですが、辞書をひくと、「ピクニックに持っていく食べ物を入れたかご」とあります。アメリカ英語では洗濯物を入れる大きなバスケットも指すようです。

英辞郎(Hamper)

 もとの意味から転じて、クリスマス・ハンパーと言う、食料品の詰め合わせの贈り物が誕生したようです。

 今回、近所のピックアンドペイというわりと庶民的なスーパーで買ってみました。20リットルのバケツに入ったハンパーが、1つ199ランド(1600円ちょっと)です。お手頃。

 店内撮影禁止だったのが残念ですが、こんな味気ないバケツが大量に積んでありました。ブラックフライデーでだいぶ売れたようです。


 引っ越した当初は、これが何か分からなくて、スルーしていました。食べ物が中にあるとは思いませんよね。

 ウールワースのような高級スーパーと比較しようと思ったのですが、ウールワースにはハンパーが置いてありませんでした。お金持ちは、こういう安い「詰め合わせ」ではなくて、きれいで小さくて高価なクリスマスギフトを選ぶようです。
 開けてみると。。。。
 結構上の方まで詰まっています。中身を全部出してみました。
全部食べ物ですね。加工食品の山です。お菓子やジュースの素もたっぷりで、子どもがたくさんいたらそれなりに喜ばれそうです。そういうのに気を使う親御さんは、もらっても困ってしまうかもしれません。

 「No Name」という、ピックアンドペイのプライベート・ブランドのものも幾つか入っていました。無印良品みたいなネーミングは、世界中誰でも思いつくのでしょうか。

 中身も見たし、週明けにソウェトの自立生活センターにあげますかね。

 最後に、ハンパーの中身をご紹…

プロジェクトは良くも悪くもツールのひとつ

イメージ
南アフリカ・ハウテン州では再開発住宅(RDPハウス)の10%をアクセシブルなものにする、という政策目標を持っています。人間居住局では、この目標を達成するために、障害者向け住宅だけの区域を作りました。

 確かに政策目標は達成できるでしょう。しかし、障害者はただ「住宅に困った人」なだけではありません。家族、仕事、医療、娯楽など、さまざまな地域との関わりが、このプロジェクトのあり方で損なわれたと思います。

 現に、障害者向けの再開発住宅地区に住む障害者にインタビューをすると、周囲の地区から差別的に呼ばれているという話を聞きます。

 また、いつ家が建てられたかによって、住宅の規格が異なっています。後に建てられた、面積も広くて設備もよい住宅と古い住宅が混在してしまうことから、障害を持った住民同士の心理的な軋轢も感じます。

 他にも、どの障害に対しても同じ規格の住宅で、人によっては便利じゃないつくりになっているとか、犯罪に会いやすいとか、色々と問題を聞かされます。




 プロジェクトとは、3年とか5年とかいった「一定の時間枠」と、予算という「限られた資源」の中で、「特定の目標を達成する」ために行われる活動です。

 しかし、当然ですが、人は、外から決められた時間枠や一つの目的のためだけには生きていません。

 人生は長いです。プロジェクトが始まる前に人生は始まっていますし、プロジェクトが終わってからも長い人生が待っています。

 また、一人の人にはいろんな役割があります。私の場合だと、父親であり、夫であり、プロジェクト・マネージャーであり、お酒の好きな47歳のおっさんだったりと、色んな顔があります。

 人の集合体である、地域社会もしかりです。

 最初の例で言うと、住宅に困った人を住まわせる場合、その人たちはプロジェクトの上では「住宅のない人」という特徴で捉えられます。しかし、実際には、その人たちがそれまでの生活で育んできた地域社会の価値観や、文化があります。経済的営みもコミュニティによって異なります。

 では、時間や資源に制約があり、目的が絞り込まれている「プロジェクト」と、時間的にも面的にも広がりのある、人々の「生活」や「人生」の間をどう取り持てばいいのでしょうか。

 論文とかでもそうですが、「視野(スコープ)は広く」そして「焦点(フォーカス)は絞り込んで」というのが、プロジェクトづくりにも欠かせない視点で…

JICA南アフリカ事務所20周年パーティー、障害セクターも紹介されました (2017.11.17)

イメージ
JICAが日本人スタッフ2名と現地スタッフ1名の陣容で、南アフリカ・プレトリアのホテルの一室で南アフリカ事務所を立ち上げてから20年が経つそうです。

 それを記念して、11月17日、パーティーが開かれました。私も出席してきました。


 関智宏所長のユーモア混じりのご挨拶は、参加者からも好評でした。
  来賓挨拶は、社会開発省のヘンドリエッタ副大臣でした。副大臣は、ご自身弱視の障害をもつ障害当事者で、DPSA(南アフリカ障害者協会)出身の政治家です。社会開発省では障害問題を所管しています。この日のご挨拶は、日本と南アの国際協力全体を俯瞰する内容でした。


 その後、20周年プロモーションビデオが流され、現在JICAが専門家を送っている各セクターの紹介が行われました。障害セクターも、社会開発省が展開しているリンポポ州の障害者エンパワメント事業をはじめ、しっかりと紹介されていて、よく目立っていました。
 参加者のほとんどが、当然、障害セクターの人ではありませんから、こういうところでPRできたのはよかったのではないでしょうか。

 私も、専門家はじめ、何人かの関係者とお会いすることができました。普段、日本人に会うことのない生活をしているので、こういう機会は結構大切だったりします。

南アフリカ障害者権利憲章(1992年)と自立生活

イメージ
ソウェト自立生活センターの月例ミーティングで、きちんと歴史と障害者の権利について勉強しよう、とマネージャーのムジが発案して、今週金曜日から毎月、歴史的な文書を読むことになりました。

 ムジは勉強する、というより、そうした文書を90年代から書く側の人でしたから、教える方ですね。次の世代に伝えよう、ということです。

 第1弾は、南アフリカ障害者権利憲章(Disability Rights Charter of South Africa)です。

原文は南アフリカ精神保健連盟のサイトからダウンロードできます(PDFファイル)

この文書が出てきた背景として、以下の流れを簡単に知っておくといいと思います。
アパルトヘイト政策を取って国際的に孤立していた南アフリカ政府は、1981年国際障害者年を認知しなかった。しかし、NGOによる活動は活発になった1982年、国連「障害者に関する世界行動計画」を採択1986年、ようやく国内障害者年を実施。政府とNGOによる調査が行われ、人種・地域にかかわらず、障害者のサービスが殆どないことが明らかに1990年、ネルソン・マンデラ釈放。アパルトヘイト政策廃止の方向へ1991年に、人権弁護士協会障害権利部(Disability Rights Unit of Lawyers for Human Rights)と南アフリカ障害者協会(Disabled People South Africa: DPSA)が障害者権利憲章の起草を開始1992年12月、DPSAで憲章が採択  この後の流れも見ると、この憲章がひとつのNGOが出した文書、というのではなく、南アフリカの障害者政策のターニングポイントだったと言っても過言ではないことがわかると思います。 1994年、南アフリカ全人種参加による総選挙、アパルトヘイト廃止1996年、南アフリカ新憲法制定、第9条に障害による差別の禁止1997年、統合国家障害戦略白書(Integrated National Disability Strategy White Paper)策定。白書とは、日本のような政府報告書の意味ではなく、政策を示したもの  障害者権利憲章は、「我々、南アフリカの障害者は、以下を要求する」から始まり、18条に渡る権利が書かれています。
第1条 非差別 (non-discrimination)
第2条 障害者自…

カトレホンのサポートグループの美しい歌声(2017.11.02)

イメージ
ヨハネスブルグの南東側にカトレホンという地区があります。



 日本語でカトレホンとググると、今年始めに、巨大ネズミが赤ちゃんを食い殺したという物騒な事件が引っかかってきます。それだけ聞くと物騒ですね。

巨大ネズミが生後3か月の女児を食い殺す(南ア)

↑↑写真のネズミがすごいでかいので、注意して開けてくださいね

 近隣のトコザやフォスルーラスと合わせると、ハウテン州内ではソウェトに次ぐ規模のタウンシップ(旧黒人居住区)になります。

 ウィキによれば、もともと飛行場があったとか。「パイロット」なんていう名前の鉄道駅があるのも、その名残かもしれません。

 この地区で、今年度から、レメロス自立生活センターが、地元の障害者団体「ヴェザバントゥ」の協力をいただきながら、サポートグループを実施しています。

2017.8.24 カトレホン地区でピア・カウンセリング・ワークショップ

 この日は一足早く、今年最後の集まりとなりました。最後、ということで、サポートグループのプログラムは行わずに、地元団体「ヴェザバントゥ」の活動を振り返ったり、今年1年をひとりひとり振り返ったりしました。

ヴェザバントゥの集まりは、いつもみんなで賛美歌を歌い、祈りを捧げてからプログラムが始まります。この日は、レメロスのピア・カウンセラー、モニカの介助者がリードしていました。うまいんですよね。




 最後の歌は、みんなで手を繋いで歌います。私も手を繋いだのでビデオが撮れませんでした……

 ヴェザバントゥでは、今年は、サポートグループをはじめ、HIV/AIDSに関するワークショップ、視覚障害者団体のセミナーなど、さまざまな活動に取り組みました。中でも、サポートグループやピア・カウンセリングは、「自分の肩にのしかかっていた重荷がすっと取れるような、全く新しい経験だった」と多くの方から、高い評価をいただきました。

 ヴェザバントゥは、行政の補助金を得ないで運営しています。みんな手弁当です。リーダーのアブラムさんは、補助金がないのは苦しいけれど、自分たちの手で団体を動かしていることに誇りを感じてもいるようです。



この国では、お昼ごはんといえば、すぐに「予算はないの?」ですが、この団体では、いつも自分たちで出し合います。この日も、1人40ランド(320円ぐらい)を出し合って、肉を焼いたりしました。

 食べ物をきちんと出す、という…

JICA本部からソウェト自立生活センター視察(2017.11.14)

イメージ
JICA本部から人間開発部の熊谷真人次長と、南アフリカ社会開発省で活躍されているJICAの鷺谷大輔専門家のおふたりが、ソウェト自立生活センターに視察にみえました。熊谷次長は別の案件で南アフリカにいらしていて、忙しい中を縫ってソウェトまでいらしてくださいました。

 ソウェト自立生活センターでは、マネージャーのムジ・ンコシからセンターの概略を説明、さらなる人材育成が必要であるという話をしました。

センター訪問の後は、ブラムフィッシャー地区に住む、ザマさんの自宅を訪ねました。
 ザマさんは、隣のミードウランズ地区に住んでいたときから、自立生活センターの介助派遣を使って生活しています。ブラムフィッシャー地区に移ってからは、その地区で自立生活センターのサービスを利用する初めての当事者として、近隣を訪ね歩いて、障害者を掘り起こす役割を積極的に担ってくれています。
 先月行われた、ブラムフィッシャー地区でのイベントでは、同地区の自立生活委員に選ばれました。今後も地域のために活躍することが期待される若い世代です。
ソウェト・ブラムフィッシャー地区で自立生活セミナー(2017.10.26)
 この地区は、道路も最近舗装されたばかりのところも多く、また、BRT(バス高速輸送システム)の路線からも外れていることから、今後、私たちの事業でも重点的に力を入れていきたいと考えているエリアです。
 ですので、このタイミングでJICA本部の方に視察いただけたのも、よかったかなと思っています。お忙しいところ、本当にありがとうございました。