投稿

ソウェトの中等学校訪問 (2018.04.11)

イメージ
ハウテン州社会開発局の障害者団体向け補助金の条件として、「障害予防など障害に関する啓発活動」が義務付けられています。
 「目標人数」を予め団体と行政の間で合意しておいて、家庭訪問や学校訪問、地域活動などの参加者名簿を集めて、毎月報告を上げることになっています。目標人数を下回ると、次年度の補助金に影響するので、事務所を訪れたお客さんとかにも、名前を記入してもらったり、どの団体も長大なリストを作るのに必死になります。。。。なにか違うような。。
 南アフリカの行政って、とかくこうした表面的な人数とか数値にこだわるくせが強いです。
 「ノルマ」第一っていうやつですね。
 そして、ダブルカウントがないかとか不正がないかとか、そうしたチェックにやたら労力をかけるし、かけさせる。この数字の集合体が「社会開発局の補助金の波及効果」のように語られる現状には、疑問も多くあります。
 中身は何をやってもいいので、それぞれの団体の得意とすることをバラバラにやっている印象があります。
 さすがに優生思想バリバリなことを言っている団体はないようです。褥瘡予防とか、二次障害に取り組む医療的な講習をする団体もあれば、飲酒運転撲滅やシートベルトを付けようという社会啓発をしている団体もあります。
 ソウェトILCの場合は、ムジが「障害予防っておかしくね?」と常々言っていたので、「障害者の地域生活について話す。自分たちの活動について話す」ということに重点を置いています。それなら日常の家庭訪問も全部そうですしね。
 2ヶ所の自立生活センターについて言えば、人数を集めること自体は他の団体に比べて難しくありません。むしろ、入所施設や作業所のように箱物に閉じた活動をしている団体の方が大変そうです。そりゃそうでしょうね。
 昨日は、ソウェトILCのピア・カウンセラーであるントンバナの家の近所にある、彼女の母校モゴメ中等学校 (Mokgome Secondary School) に2人で行ってきました。ソウェトでも、ミードゥランズと呼ばれる区域です。
 昨日は啓発活動の本番ではなく、事前打ち合わせと言うか、校長あてのお願い状を持って担当の先生と話をしに行きました。でもアポなし。
 日本だとどうなんでしょうかね。学校側から依頼状が来て「話してください」というのはよく聞きますが、こうやって団体側から「話させてくだ…

日本と南アフリカの面積を比べてみた

イメージ
最近知ったのですが、The True Size Of...というサイトがあります(ひょっとして有名?)。

The True Size Of

 好きな国を指定すると、その国の形が切り取られて、ドラッグ・アンド・ドロップで他の国と重ね合わせることで、大きさや距離感が分かる!というものです。


 このサイトの優れたところは、極地に近づくに連れ、ドラッグされている画像が大きくなり、赤道に近づけば小さくなるので、メルカトル図法の弱点もカバーされる点です。なので、異なる国同士の面積を、簡単かつ割と正しいイメージで把握できます。

 今回、これを使って、日本と南アフリカを比べてみましょう。

 ちなみに、南アフリカの面積は122万平方km。日本は38万平方キロメートル弱なので、おおよそ3.2倍の差があります。3.2倍の差ってどんな感じなんでしょう?


 3.2倍もあるかなあ???という印象ですが、きっと目の錯覚なんでしょうね。

 赤線が南アフリカの国境です。フリーハンドが下手なので、ちょっと雑ですが。

 南アフリカに周囲を囲まれた山国、レソトは新潟、福島、群馬、栃木あたりに重なっています。

 この地図だと、行政府の首都があるプレトリアが函館か青森あたりで、立法府の首都のあるケープタウンが佐賀か長崎あたりになります。飛行機代が高いので、大抵の人はこれを長距離バスなり、自家用車なりで行くわけです。お役人や議員先生はもちろん飛行機。

 もう1つの司法府の首都ブルームフォンテンは能登半島の沖合ですね。江戸時代の北国廻船をちょっと変更して、瀬戸内に入らずに長崎に向かうような航路が設定できそう。

 せっかくなので、タイも重ねてみました。

 タイは51万平方km。日本よりは広いですが、2倍はありません。南アフリカはタイと比べると2.4倍の面積があります。

 こうやって比べて見ると、日本って、南北だけでなく東西にも長く伸びているのが分かります。


在プレトリア日本大使館の領事手数料の変更(お安くなります)

在プレトリア日本大使館から、メールが来ました。領事手数料が明日(2018年4月1日)から変更になります。この手数料は2018年4月1日から2019年3月31日まで有効です。

 このところのランド高円安を反映して、手数料(ランド建て)は全体的にお安くなります。こういう手数料って、日本円での価格が先にあって、現地通貨とのレートを勘案して毎年決めているみたいですね。

 外国の方が日本へのビザを申請する際の手数料も、405ランド→355ランドに値下げとなります(シングルビザの場合。インド人を除く)。ちなみにインド人のシングルビザは100ランドになります。


2018年3月31日まで2018年4月1日から(1)  10年旅券          2,150ランド 1,900 ランド (2) 5年旅券          1,480ランド 1,310 ランド (3) 5年旅券(12歳未満)        805ランド 715 ランド (4) 査証欄増補           335ランド 295 ランド (5) 在留証明            160ランド 145 ランド (6) 出生、婚姻証明等        160ランド 145 ランド (7) 翻訳証明            590ランド 525 ランド (8) 署名証明            230ランド 200 ランド (9) 自動車運転免許抜粋証明     280ランド 250 ランド
 この間一緒に日本に行ったハウテン州のお役人さんたち。お役人さんはビザ手数料はかからないのですが、障害をもつ課長に同行した介助者の方(民間の方です)だけかかりました。4月の訪日なら50ランド安かったか。

 各種領事業務の詳細については
在プレトリア日本大使館の領事業務のサイト
まで。

南アフリカの行政の人の肩書をどう訳しているか

何回か南アフリカから視察・研修を手配していて、「肩書をどう訳すか」という問題にぶち当たります。大統領とかはわかりやすいですが、下の方になってくると、同じ言い方をしていても国によって立場が違ったりするので難しいですね。

 想像力でいろんな訳をつけてくる方もいらっしゃるのですが、ここでは、自分のプロジェクトの範囲で、大使館やJICA南ア事務所が普段使っている訳を当てはめて表を作ってみました。参考にしてみてください。

 では、まず、国からです。


肩書(英語) 肩書(略称) 肩書(日本語) President 大統領 Deputy President 副大統領 Minister 大臣 Deputy Minister DM 副大臣 Director General DG 次官 Deputy Director General DDG 次官補 Chief Director CD 部長 Director 課長 Deputy Director DD 副課長
 副大臣までが政治家ポストなのは、日本と似ているのでわかりやすいと思います。Director-generalは事務方のトップなので、「次官」としているようです。

 次に、州政府です。



肩書(英語) 肩書(略称) 肩書(日本語) Premier 州知事 Member of Executive Council MEC 州大臣 Head of Department HoD 次官 Deputy Director General DDG 次官補 Chief Director CD 部長 Director 課長 Deputy Director DD 副課長
 日本では、知事はGovernorと教わりますが、この国ではPremierです。日本と異なるのは、知事が政治家ポストとしてMEC(州大臣)を任命して、州内閣を組織するところです。

 日本の都道府県だと、直接これに当たるポジションがないのですが、副知事と同列と考えられます。東京都の場合、4名まで副知事を置…

ハウテン州主催「ユニバーサルデザインとアクセシビリティ対話」(2018.02.06)

イメージ
2月6日、ヨハネスブルグ市内のホテルで、ハウテン州知事室主催による「ユニバーサルデザインとアクセシビリティ対話」というイベントが行われました。

 「対話」というのが誰と誰の対話なのか。おそらく、障害部門(この国では障害者団体や関係するNPO)と政府部門の対話、なのではないかと思います。あと、研究者も少々。

「ユニバーサルデザイン」とは何かについての発表が、アクセス・ユニバーサル・ソリューション社のマンディさんからあった後(私の登壇の前というせいか、福岡の七隈線を取り上げてくれました)、国際的なベスト・プラクティスの紹介、ということで宮本が登壇しました。
 「ベスト・プラクティス」って結構難しいですね。今回は、東京オリンピック・パラリンピックに向けて建設中の新しい国立競技場を例に話をしましたが、当然、課題はいろいろあるわけです。世の中、「完璧」というのはないわけです。重箱の隅をつつけば「ベストやないやん」というのは当然あるわけです。
 普通は、PDCAサイクルとかスパイラル・アップが大切だよ、という結論が出てくるわけです。それを話してもよかったのですが、それはそれでなんか平凡かつ時間がたりなさそうです。
 そこでこの日は、「障害者団体が声を伝える2つのルート」とか「何をもって実際のデザインは決まるのか」とか、ちょっとひねった話をしてみました。「ベスト・プラクティスの紹介とちゃうやん」という突っ込みはご勘弁を。
 15分で、南アのプロジェクトの紹介も一緒に、という無茶な依頼だったのですが、司会のアマンダ・ギバート運輸省ユニバーサル・アクセス課長のご配慮+挨拶がひとり少なかったという幸運のおかげで、時間をたっぷりいただけました。25分過ぎたあたりで、「残り1分」の紙を出してくれて、それでも5分待ってもらえました。ありがたかったです。
 終わった後、アマンダ課長が関係者を集めて南アのプロジェクトについて協議をしたいと言ってきてくれたり、南アタクシー協会(ミニバス乗り合いタクシーの全国組織)も、「アクセシビリティの向上に責任を果たしたい」と発言したり、とても反応がよくて嬉しかったです。
 障害者リーダーの中でも、障害者運動がどうやって建築・運輸の規則改定に関われるか再検討したら、という声も上がりました。普段やりなれていない分野のことを発表したのですが、それなりに良いインパ…

ハウテン州障害者の日イベントに出展してきました(2017.12.03)

イメージ
12月3日、国際障害者の日には、世界中で様々な行事が行われます。

 私の住むハウテン州でも、毎年、州知事室が主催して大掛かりなイベントが行われます。州内の各自治体を毎年場所を変えながら行われるのですが、昨年、2017年は西端にあるモハレ市で行われました。




 第1部は、とにかく歌とダンスです。朝9時ごろから11時過ぎまで、次々とパフォーマンスが続きます。9時にみんなが揃うことはなくて、9時からだらだらと人が集まりはじめて、11時過ぎに概ね到着します。それもあって、第1部は歌とダンスが中心になります。みんな好きですしね。

 この時間に到着すると、サンドイッチとりんご、ジュースの入った朝ごはんのパック(ブラウン・バッグ)が手渡されます。

 お昼が出る、というのは、日本でもありますが、朝から(それも決して早い時間ではない)というのは、ちょっと考えにくいかも知れませんね。

 主催者である州政府がミニバスを借り上げたり、所属する障害者団体や作業所が、一軒一軒回って会場まで参加者を連れてくるのですが、どうしても時間がかかります。車が足りなくて、何度も回ったりということもあります。

しかし、参加者はみんな、朝早くから準備するので、朝食が摂る時間がない人もたくさんいます。そこで、多少遅くても、朝ごはんが用意されるわけです。

 これは、役所のイベントに限らず、私たちがワークショップなどを開くときも必要な準備です。朝ごはんのおかげで開始がもっと遅れる、とか、朝ごはんがないと不満の声が漏れるとか、なにか本末転倒な感じもせんではありませんが。。。。

 それはさておき、私たちは、会場の外でブースを出して、自立生活センターの宣伝をしました。ソウェトILCからはサービス・マネージャーのオレボヘン、レメロスILCからはピア・カウンセラーのコルネが来て一緒にブースを設置しました。

行政のブースは、紙袋に「お土産」もたっぷりと充実しているので長蛇の列でした。

 自立生活センターのブースは最初は人もまばらだったのですが、相談事に丁寧に乗ったりしているうちに、じわじわと見に来る人も増えてきました。3年前によく訪問していたクワテマ地区の方もいらっしゃるなど、懐かしい顔も多く見受けられました。

クワテマでのサポートグループに訪問者続々 2014年9月11日


 隣では、車いす販売店が、手動車いすに取り付けるモー…

JICA広報誌『Mundi』2017年12月号に掲載されました

イメージ
ちょっと前の話なのですが。。。。

 JICAの広報誌『Mundi』12月号に、南アフリカでの活動が掲載されました。

 12月号は社会保障特集号となっていて、障害問題や高齢化社会などが取り上げられています。

 私たちの事業と並行して南アフリカで展開している、JICAの障害主流化技術協力プロジェクトとまとめてひとつの記事になっています。ぜひご覧ください!

Mundi 12月号 (ここから「社会を変える主体になる 南アフリカ」をクリックすると記事が読めます(PDFです)

社会を変える主体になる 南アフリカ (記事への直接リンクはこちら)